永久脱毛には憧れる…でも、よくわからないから知りたいことを知っておこう!

永久脱毛とは

無駄毛の悩みは本人にとっては想像以上の深刻なものがありますが、今はサロンでの脱毛も、そして、医療機関やクリニックでの永久脱毛の技術が発達しているため、それらの施術を行って悩みを解消している人は多いです。

子供のころの毛深い悩みは友達にからかわれて切ないなどの理由ですが、見た目の恥ずかしさ大人になってもやはり同じです。
大人になって、脱毛の施術を受けて悩みを解消している女性が多いですが、脱毛の施術は、見た目がキレイになるだけでなく、様々なメリットがあります。

脇の毛を脱毛することでムレることもなく、清潔になるのでワキガが予防できるというメリットがあります。

VIO脱毛は、デリケートゾーンの無駄毛が多すぎると排泄した時に大変だったり、生理の時はムレて気持ちが悪いとか、ニオイがきになりますし、ナプキンを変えるときも、無駄毛が汚れているのキレイにするのも大変だったのが、VIO脱毛をすることでそれらの悩みが一気に解消することができます。

そして、脱毛の施術はエステサロンなどでも行われますが、エステサロンなどで行われている脱毛は永久ではありません。
レーザー光線によるレーザー脱毛は永久脱毛ですが、レーザー脱毛は医療レーザー脱毛と言われるように、医師の資格を持った人が行う医療行為なので、エステサロンではできません。

永久脱毛の一応の定義は「50年以上毛が生えてこない」ということになっています。日本で医療レーザー永久脱毛の施術が行われるようになってから、まだ30年あまりですから、この定義はまだ立証されてはいません。

しかし、
永久脱毛と言えるだけの効果があるのが、医療機関やクリニックで行われる医療レーザー永久脱毛です。

メディプラスゲルの成分が追加されました

永久脱毛の定義について

永久脱毛の定義は「50年以上毛が生えてこないこと」とされていますが、この定義にも異論がありますが、一応この定義が一般的になっています。

エステサロンなどでも脱毛が行われていますが、永久脱毛と言えるのは、医療機関やクリニックで行われている医療レーザー脱毛で、この施術は医療行為に当たるとされていて、医師の資格がないものが医療レーザー脱毛を行うと処罰されます。

ところが、1997年に日本にレーザー脱毛の技術が入ってきた当時は、エステサロンなどで医師の資格がない人もレーザー脱毛の施術が行われていました。
2001年に、医師の資格がなければこの施術ができないように、法律で定められ、現在に至っています。

レーザー脱毛は痛みが強く、その痛みが怖いばかりにレーザー脱毛の施術を受けられない人もいましたが、近年は痛みが少ない脱毛機器が輸入されたり、日本でも発明されて痛みが軽減されたレーザー脱毛となっています。

そして、「永久脱毛」の定義は諸説あるといっても、永久脱毛で助かっている人がたくさんいるのも事実です。
永久脱毛の施術を受けて、無駄毛でコンプレックスを感じていた人が、コンプレックスを解消して明るくなった人もいます。

また、ワキガのニオイは周囲の人にまで嫌な思いをさせるので、ワキガで悩んでいた人が両脇の無駄毛の永久脱毛をしてワキガ解消して悩みを解消した人もいます。VIOの脱毛もそうです。VIOの永久脱毛の施術を受けることのメリットがたくさんあります。

永久脱毛で助けられた人は想像以上に多いのではないでしょうか。これからも医療が進歩して、さらに永久脱毛の痛みが少なくなったり、費用がもっと安くなることが望まれます。

レーザー脱毛でアレルギーが出る人とは

無駄毛に悩んでいる人は想像以上に多いようですが、二の腕や足のすね毛などはカミソリで剃ると簡単にキレイになるので、無駄毛の自己処理はカミソリで剃る人が一番多いです。

しかし、この自己処理も肌を傷つけるとか、剛毛になる危険性の他、金属アレルギーのある人はかぶれたりかゆみが出たりします。
しかし、そのようなアレルギーのある人でも、エステでの光脱毛ならアレルギーを起こさないですんでいます。ただ、ニードル脱毛での施術では金属アレルギーがでる人もいます。

医療機関やクリニックで行われる永久脱毛の施術はレーザー光線を利用してのレーザー脱毛ですから、金属アレルギーのある人でも施術が可能です。

しかし、光アレルギーや日光アレルギーのある人がレーザー脱毛を行うとアレルギー症状が出てしまうので注意をしてください。また、光アレルギーや日光アレルギーを持っていても、自分でも気が付かない場合も多いです。

春先、目がかゆくて眼科に行った人が「日光アレルギー」と聞いて驚いていました。自分ではアレルギーはないと思っていたからです。

アレルギーというのは、金属に対してアレルギー反応を起こす人もいれば、ある種類の食べ物だけにアレルギー反応を起こす人もいます。

したがって日光アレルギーや、光アレルギーでなければ、レーザー脱毛の治療を受けられるようです。
自分では気が付かずに日光アレルギーを持っている人他、やはりレーザー脱毛のお試し体験は受けておいた方が無難です。